野生のヒグマに出会った

ヒグマに出会った

カムイワッカの湯の滝からの帰路、知床五湖に向かうバスが、野生のヒグマに出会った。

ゆっくり走っていたバスが、止まったので何かと前方を見ると、このヒグマが道路上を歩いていた。

こちらは大型のバスなので、それほどの恐怖心はないが、車内のおしゃべりはピタッと止まり、全員が前方を注視。

クマは、特に驚いた様子もなく、ゆったりと道路わきの柵を越え、草むらに消えていった。

クマは「アリ」が大好物とのことだが、何かアリでも探しているようにも見えた。

その時の様子をご覧ください。





高架道からの見学

ヒグマと出会った後、シャトルバスは、知床五湖へ。

ここまではマイカーでも来ることができ、たくさんの観光客でにぎわっていた。

しかし、この付近でも、ヒグマの目撃情報が相次ぎ、観光客は高架木道を歩いて見学することしかできない。

電気柵

この高架木道には、電気柵が設けられていて安全だ。

ヒグマ情報

「知床五湖フィールドハウス」には、ヒグマの目撃情報などが掲示されていた。

地上遊歩道を通っての散策は、危険なため中止となっていた。

この後、観光客の数が少なくなる時期には、カムイワッカまで、マイカーやバイク、自転車で行くことができる期間もある。

事前の情報をしっかり集めて、危険がないようにしてほしいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR