涼しいぞ!釧路

あついぞ.com

「夏の暑さ」を逆手にとって、町のPRをしている埼玉県熊谷市。

この「あついぞ.com」は、熊谷周辺の情報発信サイトだ。

このサイトに、先ごろ北海道釧路市が「涼しいぞ!釧路」という広告を出して話題になった。

涼しいぞ!釧路

右側の広告のスペースに、「涼しい釧路に避暑に来ませんか」と広告を出したのだ。

その広告をクリックしてみると、こんな感じ。

クリックすると

「平均最高気温20.6度の快適空間」との文字が見えるが、これは7月と8月の2か月間の最高気温の平均。

私は過去、釧路に7年間生活したが、夏の涼しさは嘘ではない。

7年間に一度も、最高気温が30度を超える真夏日を体験したことがなかった。

幣舞橋

これは9年ほど前の8月8日に、釧路市の幣舞橋で撮影したものだ。

美川憲一の「釧路の夜」でも歌われている観光名所だ。

撮影したのは昼の11時45分。

濃い霧の中、車はライトをつけて運転している。

釧路の涼しさの秘密は、この霧にある。

夏の太平洋高気圧から吹き込む南からの風が、沖合の寒流の上を通る時に冷やされて霧が発生し、その霧が沿岸部に流れ込んでくるのだ。

霧は内陸に行くにしたがって少なくなるから、北の阿寒湖付近では霧は少なくなり、時折真夏の暑さとなる。

内陸には短いながら夏はあるのだが、沿岸部に暑い夏はない。

週間予報

ウェザーニュース社の週間天気予報を見ると、

釧路では、8月の初旬まで、大体最高気温は20度前後。

例年並みの涼しさの予報だ。

この霧のため、
市民の間からは「湿気が多い」、「夏の太陽の日射量が少なく、骨の発育に心配だ」などという声を聞いたこともあったが、最近はこの涼しさを積極的に売り込む姿勢が目立っている。

熊谷市と正反対の、「特異な夏」を売り込もうというわけだ。

私の気に入っている写真をご覧いただこう。

一寸先は「霧」

釧路港で8月に撮影したもの。

タイトルは「一寸先は『霧』」と、つけた。

海鳥のいる船着き場は晴れているが、そのすぐ先の海の上は霧に覆われている。

漁船の姿がぼやけているのがお分かりだと思う。

太陽が射しているところと霧のところでは、少なくとも気温は5度は違うだろう。

釧路市が出したこの広告に誘われて、久しぶりに夏の釧路に行くことに決めた。

都心の真夏の気温では、走ることができないからだ。

釧路に暫く滞在している間、道東の涼しい様子をブログでお届けしたいと思っているが

通信環境の具合で、しばらく更新できないこともありうる。

その時は、どうかご勘弁いただくとして、涼しい夏の便りをお待ちください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR