自由の鐘~日比谷公園

猫もぐったり

もう9月になろうとしているのに、東京では一向に秋風が吹かず、連日暑い日が続いている。

日比谷公園の、この猫の「ぐったり度」で暑さの程度がわかる。

自転車が近くに来ても、まったく動く気配を見せずぐったりしている。

日比谷公園

それに比べると、植物は元気だ。

バラ

バラも、暑さに負けず美しい花をつけている。

むくげ、ひまわり

そして、テニスコートの横には槿と、夏の花・ひまわりが見える。

自由の鐘

このテニスコートの隣りに、アメリカ独立宣言の際に鳴らされた「自由の鐘」のレプリカがあるのを、先日初めて知った。

数えきれないほど来ていたのに、その存在をこれまで知らなかった。

説明によると、アメリカの独立宣言の時に打ち鳴らされたものと同一、同大の鐘で、昭和27年10月、アメリカの有志から、ダグラス・マッカーサー将軍の助言の下、日本国民に送られたとある。

GHQの司令官であったマッカーサーも、この鐘の贈呈に一役買っていたようだ。

看板

鐘の近くには、新しい看板が建っていた。

「60年ぶりに自由の鐘の音色が復活」と書いてある。

フランス・パッカート社が第56号として制作した複製の鐘を修復した結果、平成23年9月に以前の音色が甦ったというのだ。

しかも、世界中にある「自由の鐘」の中で唯一、毎日正午に、全自動で鐘が鳴る仕組みになっているという。

銘文

鐘の表面には「全ての地とそこに住む者全てに、自由を宣言せよ」などの銘文が刻まれている。

自由の鐘・全自動

1776年、アメリカ独立宣言に際し、自由の喜びを天下に告げた歴史的記念物・自由の鐘の音色はどのようなものか。

「自由の鐘」は、日比谷公園の北西の一角、テニスコート近くにあるので、関心のある方はどうぞお出かけを。

実は、私の鐘の音はまだ聞いていない。

近いうちに、訪ねることにしよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR