お台場の夜景

夕方、屋形船が集結

今日は夏至。

この季節になると、お台場海浜公園の前の海は、涼を求める人たちを乗せた屋形船で賑わう。

18時45分。
まだあたりは明るいが、屋形船が、東京湾の各地から集まってきた。

スカイツリーも見える

18時53分。

この写真は、お台場海浜公園近くの「DECKS東京ビーチ」から撮影したもの。

カメラを右に向けると、自由の女神の後方にも屋形船が見えた。

画面の左手には、東京スカイツリーも見えている。

間もなくライトアップが点灯する時刻だ。

暗闇があたりを包む

19時18分。

だいぶ暗闇に包まれてきた。

屋形船の明かりが水面に反射して眩しいくらいだ。

画面の真ん中に黒く見えるのは、第3台場。

場所を変えて、今度は第3台場から見たお台場の夜景を見てみよう。

第3台場から

これは、去年7月14日の19時17分に撮影したもの。

波が静かで満月の頃は、絵のように美しい。

時折、風に乗って船からカラオケの音が聞こえてくる。

レインブリッジから

第3台場の後方、レインボーブリッジからお台場海浜公園の夜景を撮影した。

時刻は19時55分。

レインボーブリッジを歩行者が通行できるのは、

夏場の4月から10月までは、9時-21時。

冬場は10-18時。

従って、この時刻の夜景は夏場しか撮影できない。

漆黒の闇の中から、お台場海浜公園の夜景が浮かび上がって見える。

お台場海浜公園の全景、夜景

19時58分。

橋をもう少し上がって、全景の写真を撮ってみた。

実は、夕方、写真に写っているお台場海浜公園を走っていると、若い中国人男性から呼び止められ、写真のシャッターを押してほしいと頼まれた。

高価な一眼レフを持っていた。

レインボーブリッジをバックにシャッターを押してあげると、とても喜んでいた。

もしかすると、彼はまだこの光の中にいて、レインボーブリッジの夜景を撮っていたかもしれない。

やさしそうな顔をした好青年だった。

近頃発表された日中世論調査では、相手国によくない印象を持っているのは日本人の8割余り、中国人は6割余りと過去最悪の結果だったという。


日本で思い出をたくさん作って国に帰り、日本を正しく伝えてほしいと思った。


この日の天気はまずまず。

多分、この日の夜景は、彼をはじめ多くの観光客を満足させたことだろう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR