運河沿いを走る~芝浦から天王洲


田町駅東口先

JR田町駅東口(芝浦口)から海の方に向かって少し歩くと、東海道線などの線路と平行するように芝浦運河が流れている。

運河は、品川区の天王洲の方まで続いており、絶好のジョギングのコースになっている。

正面が浜松町の方面、手前うしろが天王洲の方向になる。

タチアオイ

沿道には、花がたくさん植えてあり、手入れも行き届いている。

その中で、目立ったのは、タチアオイ。
ちょうど花をつけ始めていた。

タチアオイの花は、普通は白、赤、ピンクといった色が多いが、右側の濃紺から黒に近いタチアオイは珍しいと思い、写真に収めた。

私は、この色は初めて見た。

タチアオイは、下から上に順に花を開いてゆくが、「一番上の花が咲くころに梅雨が明ける」という話を昔聞いた。

確かに、一番上の花が咲く頃、毎年、梅雨が明けるのだった。

天王洲へ

左側に見える建物は、港区港南の高層マンション群。
水門のすぐ左手には、元の東京水産大学(現在は東京商船大学と合併して東京海洋大学になっている)の海洋科学部がある。

右手に見えるのが天王洲だ。

右側の運河沿いの道を通って天王洲の交差点の方に向かう。

モノレール下

浜松町と羽田を結ぶモノレール。

子供の頃、手塚治虫の漫画で見た近未来の都市の姿は、こんな感じだったように思う。

右側に見えるビルには、しばらく前までは「JAL」のロゴがついていた。

JALがキャノンに

今は「CANON」の文字に変わっている。

調べてみたら、日本航空の本社ビルは既に2004年に売却されていたのだが、JALは賃貸でそのまま入居していた。

ところが2010年、会社更生法の適用申請をした年に、入居スペースをビルの3分の1に減らしたことで、ロゴも変わったということだ。

低価格の航空会社の台頭等、航空業界を取り巻く厳しい環境を感じさせる出来事だ。

台場の築造計画

これは、江戸末期の台場の築造計画図に、現在の地図を合わせたもの。

天王洲アイルの北西の隅は、ちょうど第4台場が築かれた場所だったところだ。

第4台場だったところから

ちょうど第4台場があった所から、品川埠頭の方を写してみた。

ウォーターフロントとしての開発も進み、ディナークルーズなどを提供する豪華船の船着き場が見えた。

ウォーターフロント

以前、倉庫であったところも、再開発で、おしゃれなスポットに変わった。

街も再開発でおしゃれに

考えてみれば、今見える水路は昔の海の名残り。

この街並みは、「海上都市」というべきものかもしれない。

夜の運河沿い

このコースで、家からの往復の距離は10キロ程度。

蒸し暑い夏の夜には絶好の、お気に入りのコースだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR