日本で一番古い鉄道の駅~品川駅

品川駅創業記念碑

JR品川駅の高輪口(西口)の前に記念碑がたっている。
「品川駅創業記念碑」だ。

説明

碑の横に説明があり、私が初めて知る事実が書かれていた。

それは、日本で初めて汽車が走った区間は「新橋~横浜」だとばかり思っていたが、実は「品川~横浜」間であったということだ。

説明には「品川駅では明治5年5月7日(新暦6月12日)を駅の開業日にしています。
何故かというと、新橋~横浜間の工事が遅れたため、この日に品川~横浜間で仮営業をしたからです。
新橋~横浜間で本営業を開始したのは、仮営業から4か月後の明治5年9月12日(新暦10月14日)でした。

それを記念して、今日では10月14日を鉄道記念日としています。

品川駅は、日本で一番古い鉄道の駅といえます」と書かれている。

明治41年の品川駅

明治41年の品川駅。
駅前に、「うどん、しるこ」を売る店があって、それなりの賑わいを見せている。

海側から見ると

明治44年の品川駅。
今でいう港南口の方から撮ったもの。

海がすぐ近くまで迫っている。

当時は鉄道はまだ未知のもので反対運動があったこと、
そして、新政府で力を持つ薩摩藩の西郷隆盛が、鉄道よりも国防に予算を使うべしとして反対の立場をとったため、芝~品川間にあった薩摩藩邸を避けるため、鉄道が海沿いに敷設されたのだという。

現在の海側、駅前

現在の港南口の駅前。

大きなビルがどんどん建設され、変貌が著しい。

このあたりが海だったとは、とても信じられない。

当時の時刻表

碑の裏側には、当時の時刻表も書かれている。

それによると、運転本数は、上り・下り共に、一日2本ずつ。
所要時間は35分となっている。

品川と横浜(これは現在の桜木町駅)の距離は、現在のダイヤで調べたら24キロ、
時速を計算すると約41キロとなった。

思ったより早い。

仮営業開始当初は途中に駅が設けられていなかったが、約1か月後に川崎駅、神奈川駅が営業を開始したという。

当時の鉄道


因みに正式営業の新橋~横浜間は29キロで、所要時間は53分。
時速32.8キロだった。

鶴見駅は、正式開業と同時に営業を開始している。

昭和5年の品川

昭和5年の品川駅。

品川駅は、2014年に着工を予定している中央新幹線(リニアモーターカー)の始発駅になることが決まっている。

2027年に名古屋までの先行開業を目指していて、名古屋までの所要時間は40分の予定だという。

今の高輪口

現在の高輪口。

駅前にいつの間にか、大きなパチンコ屋さんができていた。

これからも、周辺は大きく変わってゆくことだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR