「銀座ナイン」は川の上

晴海通り銀座ファイブ前

有楽町マリオンの前、以前数寄屋橋のあった所の道路沿いに、昔の写真が何枚か、はめ込まれている。

そのうちの一枚が私の興味を引いた。

昭和20年代の写真

昭和28年のものだ。

画面中央に日劇の建物が見える。
その左上は有楽町駅。

日劇の右に数寄屋橋。その下には水が見える。
古地図で見ると江戸城の外濠だ。

今、外濠のあった所はどうなっているのだろうか。
歩いてみることにした。

幕末の地図

文久元年(1861)の地図に、現在の施設などを書いてみた。

まず、JR有楽町駅の方から銀座インズの方へ向かった。

銀座インズ

銀座インズの上に東京高速道路が通っている。左が鍛冶橋の方向。

道路が走っているのが、ちょうど外濠の上になる。
プランタン銀座の前を右に曲がり、数寄屋橋の方に向かう。

チャンスセンター

日本一有名で、たぶん日本一売り上げのある宝くじ売り場「西銀座チャンスセンター」も、外濠だった上に建っている。

東京高速道路

「新数寄屋橋」と書いてある高速道路に沿って新橋方向に歩いてゆく。

銀座ファイブに沿って

銀座ファイブに沿って、数寄屋橋公園の裏道を進む。

人通りは少ない。

左手に泰明小学校

左手に小学校が見えてきた。
北村透谷、島崎藤村が学んだ泰明小学校だ。

みゆき通りとぶつかる

小学校の横を抜けると、通りにぶつかった。
「みゆき通り」だ。

東京高速道路とJRの高架の向こうに帝国ホテルが見える。

寿司屋さん

外濠だったところの上には、今は飲食店などが並んでいる。

この店も、いつも混んでいるので知られる寿司屋さんだ。

土橋

ここは土橋。

西銀座通りと、ここで交差する。

高速道路をくぐって、画面右手の方に進むと、JR新橋駅。
だが、ここは、高速道路に沿って、つまり昔の水路沿いに進んでゆく。

新橋

そして、ここが「新橋」。

銀座地区と新橋地区の境になる橋だ。

左に行けば、銀座、日本橋。
右へ進めば、旧東海道で品川の方向、現在の第一京浜だ。

銀座ナイン

この信号の手前まで銀座8丁目。銀座はここまで。

そして、外濠に続く汐留川の上に建つ建物は「銀座ナイン」。

昔、神戸一郎さんが「銀座9丁目は水の上」と歌っていたが、「銀座ナインは川の上」といったところだろうか。

浜離宮へ

そして、川の跡をたどって最後にたどり着いたのは「浜離宮」。
この「築地川」を通じて江戸前の海とつながっていた。

今回歩いたところで、水辺の風景を残すのはここだけだ。

江戸は、昔水運が発達した街だったという。

しかし、今は殆んどの水路が埋立てられ、僅かに「橋の付く地名」と「高速道路」に、その痕跡を残すだけとなっている。

街から水辺の風景が消えると、潤いもなくなるように思うのは、私だけだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR