昭和の日~お台場は様々なイベントで大賑わい


水遊び

大型連休前半・昭和の日に、お台場を走った。
初夏の日差しが照りつけ、帽子をかぶっていても顔がかなり日焼けするほどだった。

この写真は、東京ビッグサイトの近くの「ソナエリア」で撮ったもの。子供たちが水遊びをして、気持ちよさそうだった。

犬も海辺を走る

ここは、お台場海浜公園の海岸。

ワンちゃんも海の中を、水しぶきを上げながら走っていた。

そんな中、お台場は各種のイベントが開かれ大賑わいだった。

ロコモコサンセット

これは、ハワイに魅せられた「ロコ・モコ・サンセット」の人たちによるイベント。

ハワイアン、フラダンスには絶好の天気の下、次から次へ練習の成果を披露していた。

これは、小学生ぐらいのグループ。楽しそうに踊っていたのが印象的だった。

コスプレ

お台場海浜公園から東京ビックサイトの方へ向かうと、出会ったのがこんな扮装をした集団。

漫画の登場人物になりきる「コスプレ」の若者たちだ。

コスプレ2

お台場では、漫画の同人誌の即売会である「コミックマーケット」が度々開催されているが、その参加者が、漫画の登場人物になりきって、こうした扮装をしている。

コミケ

あちこちで、それぞれの写真を撮りあっている姿を見た。

お台場は、こうした若者の自己表現の場となっているようだ。

アジリティ

こちらは「潮風公園」で開かれていた犬の競技会。
「2012 Japan Grand Prix in Odaiba アジリティ ジャパングランプリ」。

競技内容は、簡単に言うと、人と犬とが組になって行う障害物競走だ。

どうです、このワンちゃんのジャンプの姿勢の見事なこと。

アジリティ2

飼い主が飼い犬に指示をしながら、障害を越えてゆく。
正しい順番に、障害を越え、その速さを競うものだ。

人と犬が一体となっていて感心した。
きっと、相当な訓練を続けてきたのだろうと思った。

競技を開催している「OPDES」(犬の総合教育社会科推進機構)という団体のホームページには、団体の目的として次のように書かれていた。

『「人と犬」との「より良い関係」(人と犬との関係が、迷惑とか危険とかのトラブルの原因にならない関係)を築き上げ、更には犬を総合的に教育し、人命救助、災害救助、盲導犬,介護犬、社会的躾等々の教育を施すことにより、人間に役立ち、同時に人間に愛される社会的な評価の高い、資質の高い犬を養育することにより広く社会に貢献し、同時に犬の訓練士の社会的地位向上を目指して行きたいと考えるものです』

私はこれまで「ネコ派」だったものが、最近は「しつけの行き届いた犬ほどいじらしくて可愛い動物はいない」と思うようになってきた。

「人と犬とより良い関係を築くことはとても大切なこと」だと思う。

アジリティー大会の様子の一部を動画で記録したので、どうぞご覧ください。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR