足で稼いた「春の表情」~動物編


日比谷公園の新緑

日比谷公園。

新緑が美しくて写真を撮っていると、この画面右手に見える若い人が、何か写真を撮っている。

近寄って、「鳥でもいるのですか?」と聞いてみると、答えはこれだった。

樹の上に猫が

なんと枝の上で、猫が気持ちよさそうに眠っていた。
下には水面が広がっている。

長い間、じっとしていて動かない。

子供も心配

子供が、心配そうに見守っていた。

猫は、そんな心配をよそに ゆったり眠っていた。

幹の上にも

近くの木の幹の上にも猫が寝ている。

樹の上の猫と模様が似ている。同じ一族かもしれない。

通りがかりの人が触っても、逃げたり怒ったりすることなく、眠そうな顔でそこから動かなかった。

池の近く

そして、この猫も似ているが、それぞれ別の猫だ。

池のそばの岩の上で寝ている。

「よく寝る3兄弟」なのかもしれない。こちらも、熟睡だ。

カメの甲羅干し

対岸を見ると、亀が水面から体を出して、じっとしている。

甲羅干しとはこのことかなと思った。

白鳥の日光浴

皇居のお濠端に行ってみると、白鳥が珍しく、水から上がっているのが見えた。

日光浴なのか、鵜のような鳥と並んでじっとしていた。

再び濠に

暫くすると、白鳥だけが、また水の中へ。

白鳥は、水に浮かんでいる姿が一番、それらしい。

一番いい季節

花の色どりも豊かになり、陽の光も明るくなった。

これから5月までが一年で一番いい季節。

動物たちに負けず、春を享受したいと思う。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR