伊豆の春も遅かった


アシカの日向ぼっこ

地域の団体旅行にお誘いを受け、伊豆に行ってきた。

伊豆半島の西のつけ根にある「三津(みと)シーパラダイス」では、春の日差しを受けてアシカなどが日向ぼっこをしていた。

ずっとこのままの格好で、身じろぎもせず陽の光を受けていた。
日差しは春だが、風はまだ冷たかった。

伊豆のへそ

ここは、伊豆の国市にある道の駅「伊豆のへそ」。

菜の花と河津桜が、ちょうど満開だった。

いつもより1か月近く遅い

近くの河津桜の並木では、ようやく7分咲きといったところだ。
ここでは、例年2月中旬に開花するということなので、今年は1か月近くも遅い。

東海岸の河津町では、ようやく河津桜が満開となり「今年の桜祭りの日程を3月18日まで延長する」とホームページで広報していた。

つるし飾り展

道の駅では、伊豆・稲取地方に伝わる「つるし飾り」展が開かれていた。

ひな壇の両脇に、一対のつるし飾りをする風習で、飾り物がそれぞれとても可愛い。

子を思う気持ち

飾りには、それぞれ意味がある。

「這い子人形」は、子の健やかな成長を願う気持ち、
巾着はお金に困らないよう、亀は長寿、桃は実が多いので多産を願う気持ちが込められているという。

手作り感があって、親の子に対する気持ちが伝わってくる。

白梅

駐車場の白梅も、ちょうど満開になっていた。

「桃の節句」に、桜と梅が花盛りだった。

菜の花摘み

そして、楽しみな「菜の花摘み」。

蕨、ぜんまい、タケノコなど、桜の散った後の山菜取りは何度も経験しているが、菜の花摘みは初めてだ。

「花が咲いて茎が固くなっているのは避け、柔らかいものを摘む」と栽培農家の人に教えてもらう。

「蕨と同じだな」と思いながら、小さなビニール袋にいっぱい積んで帰った。

おひたしは春の味

その晩早速、「おひたし」にしてみる。

くせがなく、おいしい。

考えてみれば、これが自分にとっての”春一番”だった。

気象各社は、すでに今年第一回のソメイヨシノの開花予想を発表している。

それによると、今年は寒さが長く続いた影響で、全国的に平年より若干遅れそうだとしている。

今のところ東京都心では、開花は3月26日から30日の間との発表だが、発表後も相変わらず寒さが続いている。

春爛漫まで、まだ少し時間がかかりそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR