節分~いよいよ春が始まった

その名の通り季節を分ける節分。
四季ごとにある節分の中でも、最も心待ちの「立春前の節分」。

増上寺の豆まきに参加してきた。

増上寺

大雪の日本海側には申し訳ない青空が広がった。

昼前、今年も多くの人たちが本堂である大殿の前に集まっていた。

厄除け祈願のお練り

「節分追儺式」は季節の変わり目に生じるとされる邪気(鬼)を追い払うための行事。

初めに、もろもろの厄難を払い福を招く、「厄除け祈願」が行われる。

神輿講

増上寺の豆まきは、合わせて5回行われるが、はじめに登場するのは「みこし講」の皆さん。

賑やかなお囃子に合わせて、餅をつき、豆がまかれる。

いよいよ豆まき

そして次が、増上寺で開かれる講の関係者や、一般参加の人たちによる豆まきだ。
私は今年はカメラマンに専念して、豆をまく舞台の上に歩を進める。

升の中身は

手にする升には「福豆」と「福銭」が入っている。

「福豆」には、当たりくじが入っているものがあり、当たると賞品と引き換えてくれる。

舞台上には、お菓子やティッシュなどが入った段ボールがあり、なくなるとそこから補給する。

袋の中に入ったかな

袋や帽子を広げる人もいる。

なるべく多くの人と福を分かち合おうと配慮をしても、コントロールが難しい。

しかし、「福は内」と大きな声を出すと不思議と気持ちが晴れやかになる。

子供たち

幼稚園の子供たちが「鬼さん」に向かって真剣に豆を撒いている。
この表情に、皆さんも子供の頃を思い出しませんか?

今月の言葉

増上寺からの帰り際、山門の横を見るとこんな言葉が書いてあった。

「限られた命を悔いのないように」
頭では分かっているのだが、ついつい忘れてしまう。

梅のつぼみ

隣の芝公園の梅は、今年はまだ咲いていない。
このところの寒さで、例年より遅れている感じだ。

でも、もう「立春」、いよいよ春が始まった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お父さん、お母さん楽しそうですね(^-^)/
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR