桜の開花予想が発表された

24節季の大寒の時期を迎えた。
一年で一番寒いころだ。

20日には東京で初雪を観測したが、この時期は太平洋側の東京では、冬の青空が広がる日が多い。

越中島から

冬晴れの日、越中島公園から対岸の佃と中央大橋のほうを眺めながら走っていると、白い点が見えた。
(目の前の流れは晴海運河、中央大橋の下を流れるのは隅田川)

一羽の鳥

よく見ると、カモメのような鳥が一羽、水面に浮かんでいる。
水面のきらめきの中で、白い羽がまぶしい。

牧水

ふと、若山牧水のうたを思い出した。

空・海の青と白との対比が鮮やかだった。

この鳥が一人孤高に生きているように思えて、わが身を反省しながら走ったことだった。

桜の名所 石川島

同じ場所の桜のころの写真だ。
隅田川に映える桜が美しく、花の時期が待ち遠しい。

1月20日に「ウェザーマップ」という気象情報の会社が、今年の「桜開花」予想を発表した。

それによると東京の開花予想日は3月25日で、満開は4月2日。
いずれも去年より3-4日早い予想となっている。

あと、2か月の辛抱だ。

が、日本全国を見れば、桜の季節は、すでに始まっている。

ウェザーマップのデータでは、沖縄・奄美で既にヒカンザクラが開花している。
石垣で12月24日、奄美大島の名瀬で1月20日に開花が観測されている。

早咲きで知られる南伊豆・河津町の「河津桜まつり」の今年の日程は、2月5日~3月10日と、HPに載っていた。

一方、日本で一番遅い花見は、東北海道・厚岸町での5月下旬。
(道東もソメイヨシノが暮らせる環境ではなく、気象台の標本木はエゾヤマザクラだ)

縦に長い日本列島では、5か月間にも亘る桜の季節が 今始まったところだ。

桜、越中島

隅田川の桜も捨てがたいが、人生の残り時間も限られる。
さて、今年は、どこの桜に会いに行こうか。
(まだ、ちょっと気が早いかな)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR