1月10日は初こんぴら~七福神も登場 


金刀比羅宮

港区虎ノ門の交差点に近い、虎ノ門金刀比羅宮。
霞が関の官庁街に近く、写真の右手をしばらく行くと文部省がある。

高層ビルの下部が神社の参道になっている。
都心の神社ならではの造りだ。

初金毘羅

「虎ノ門金刀比羅宮は、讃岐 丸亀藩主の京極高和が領地・讃岐の金刀比羅大神を、万治3年(1660)に三田の江戸藩邸に邸内社として勧請。
その後延宝7年(1679)に、現在の虎ノ門に移る。

こんぴら人気の高まった文化年間に、京極家では毎月10日に限り一般の参詣を許し、大変賑わったといわれる」との説明が、境内にあった。

賑わう境内

このため、毎年1月10日は初こんぴらとして、昔から多くの参拝者で賑わってきた。

拝殿などは昭和26年に作られたもので、東京都選定の歴史的建造物になっている。

外国人が目立つ

我が地元の秋祭りでは、外国の人が神輿も担ぐし盆踊りの太鼓も叩くから、特に珍しいとは思わないが
最近は、どこの祭りに行っても、外国人の姿を多く見かける。

楽しんでいる様子を見ると、こちらもうれしい。

提灯

金毘羅さんは海上交通の守り神として知られる。

神社に飾られた提灯も、漁業関係のものが目につく。

七福神がお参り

午後2時過ぎ、境内に七福神が登場。
参詣の人たちに福を授けながら、神社にお参りをして、今年がよい年になるようにと願った。

その時の様子を動画で撮影したので、是非ご覧いただきたい。

どうか、皆さんが七福神の福にあやかれますように。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR