都心の紅葉も間もなく終わり

今年の都心の紅葉も、そろそろ終わりに近づいた。
今年、ジョグをしながら撮影した写真を紹介しよう。

神宮外苑
まず初めは、神宮外苑の絵画館前の通り。

ここは映画「第三の男」のラストシーンを思い出させる、日本でも指折りの「風情ある銀杏並木」が続く。
大正12年に植栽した銀杏は全部で146本あるそうだ。

今日紹介する中ではもっとも黄葉が遅く、もう少し黄葉を楽しめそうだ。

「神宮外苑いちょう祭り」が12月11日まで開かれているが、最終日の頃には「落葉盛ん」になるかもしれない。

桔梗門から東京駅を望む

皇居の桔梗門から東京駅の方向を撮った写真。
12月3日の段階でかなり落葉していて、今シーズンの黄葉もほぼ終わりだ。

東京駅の復元改修工事は来年6月までの予定なので、来年の今頃はまた素晴らしい景色が戻ってくる。

来季の黄葉の頃が楽しみだ。

代々木公園

これは原宿駅の近くにある代々木公園の紅葉。
深い赤色がとても印象的だった。

今度の週末頃が最後の紅葉狩りのチャンスかも知れない。

日の光を浴びると、この深い赤が、また一層色合いを変えそうだ。

迎賓館前

これは、四谷に近い迎賓館前の黄葉。
11月中旬でかなり黄葉が進んでいた。

画面手前の後ろに迎賓館の門がある。

迎賓館

フランスの宮殿を見るようで、いつ行ってもエキゾチックな気持ちになる。
ここも、四季折々、日本離れした風景を楽しめるところで、カメラを持っての散歩をお勧めしたい。
もう、初冬の装いのはずだ。

帝劇前

この写真は、皇居のお堀端、帝国劇場のあたり。

この並木も、とても雰囲気がある。
2週間前には、緑と黄色がミックスされた色合いが面白かった。

半蔵門から桜田門方向

こちらは、皇居半蔵門前から、桜田門方向を見たもの。
ここも紅葉はほぼ終わりだ。

次は春、「桜と菜の花」の、まるで絵のような風景を見ることができる。


三井クラブ

最後に、港区三田の三井クラブの入り口近くにある大銀杏。
この辺りには、イタリア大使館やオーストラリア大使館があり、とても閑静な地区。

江戸時代は大名屋敷があったところで、昔と変わらない静寂さが今も残っている。

三井クラブのある場所は、幕末の地図を見ると、日向佐土原藩と会津藩の下屋敷のあったあたり。

この大銀杏も江戸の頃から、落葉を繰り返してきたに違いない。

また、来年、これまで通りの見事な黄葉を見せてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR