昨日は こんな写真が撮れた

雲中のスカイツリー
墨田河畔を上流・浅草のほうに向かって走る。
清洲橋の手前で、スカイツリーが雲の中に消えているのに出会った。

低い雲が広がり、地上450mの第二展望台のところまで雲がかかっている。

いつもは
天気が良ければこんな具合だ。

開業は来年の5月22日と、半年後に迫ってきた。

展望台の料金は、地上350mの第一展望台は大人2000円、
第二展望台はプラス1000円必要とのことだから、合わせて3000円になる。
(学生、子供料金は別)

くれぐれも、こんな天気の日に行かないようにご注意を!


更に川を遡り、浅草に向かう。
吾妻橋に差し掛かると、橋のたもとに、いつもとは違った銅像があるのに気がついた。

見慣れない像が


立派なちょんまげの、強そうな武士の銅像だ。

近くによると
でも、よく見れば、頭上に一羽のハト。

そう、この像は両国で生まれた勝海舟の銅像。
いつも通っているので見慣れた像だが、鳩のために見誤ってしまったのだ。

通りかかった人も、ちょんまげ状のハトに気づいて写真に収めていた。

横から
どうもこの鳩はこの場所がお気に入りのようだ。

近くによってカメラを構えても、動じる様子もなくじっとしていた。

後ろから
今度は後姿。

完全に豪傑に見える。

勝海舟は、豪傑タイプではなく、どちらかといえば知的でスマートな外見という印象だが。
200px-Kaishu_Katsu_2[1]


人の印象は、見た目で大きく変わるということを実感した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR