和田倉噴水公園の虹

皇居の大手門から、ひとつ日比谷側の手前の門に「桔梗門」がある。
そこから眺める「東京駅と銀杏の風景」は、秋の景色として素晴らしい。

今年の銀杏
これは今年の10月27日に撮ったもの。まだ銀杏の黄葉はそれほど進んでいない。
しかも、東京駅はまだ工事中だ。

3年前
こちらは3年前の11月15日に撮ったものだ。
このくらいの銀杏がちょうどよいのだが、今年は東京駅がまだ工事中で、こんなにかっこよい姿は見られない。

素晴らしい写真は来年の楽しみにとっておこう。

噴水が
写真の撮影をしていて、近くにある「和田倉噴水公園」の噴水が、勢いよく水を噴き上げているのが見えた。

この噴水公園は、今の天皇が皇太子の頃、美智子さまとのご成婚を祝して整備されたものだが、現皇太子のご結婚のあとの平成7年に、現在のように整備されている。

東日本大震災の影響でしばらく噴水が止まっていたが、10月1日から元のように動き出したとのこと。

カーテンの噴水
こちらの噴水は、水がカーテンのようになって落ちてきて、とても趣がある。
この日、噴水を眺めていると、水しぶきが太陽の光線を受けて虹を作っているのを見つけた。

虹が
これがその虹。面白いので動画でも撮影してみた。

私の近くで写真を撮っていた外国人も、腹這いになったりして撮影していた。
はたして、うまく撮れたかどうか。

この噴水は、電力事情によって、再びストップすることもあるとHPには書いてあった。例年、年末にはライトアップが行われ、美しい夜景を楽しむことができたのだが、果たして今年はどうだろう。

3年前の写真と、噴水の虹の映像をどうぞご覧ください。

3年前の夜景

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR