浜離宮の石組みの修理に思う

越中島公園

9月11日、日の出もだいぶ遅くなった。

夜が明けて間もなくの朝6時過ぎになると、隅田川河口近くの越中島公園には、太極拳をする人たちが多く集まる。

この日は、秋のさわやかな空が広がっていた。

石組みの修復工事

こちらは今年4月、ランニングの際に浜離宮の横を通った時の写真。

浜離宮は江戸時代、海を埋め立てて造られたものだが、その周りにめぐらした石組みの修復工事が行われていた。

周りを堀のように囲む水路の一部をせき止めている。

近くに掲示されていた看板には、工事は今年2017年1月13日から5月31日までの予定だと記されていた。

およそ4か月半の日程だ。

石組みが崩れている

近くに寄ってみた。

石組みの一部が崩れている。

崩れた石の周辺の石にはナンバーがつけてある。

昔、組み上げられた当時のまま、修復しようというのだろう。

石組みの背後をブルでならす

この写真は5月11日に撮影したもの。

石組み周辺の水路の中には足場が組まれ、石組みの背後では、江戸時代には当然なかった建設用の重機が地盤の慣らし作業を行っていた。

8月水の色が変わっていた

8月14日、修復工事は、まだ続いていた。

せき止められていた水路を見ると、水の色がいつもと違う。乳白色をしている。

稚魚が数えきれないほど

近づいて見てみると、ゴミのように見えたのは稚魚だった。

何の魚かはわからない。
新しい命が爆発的に誕生していた。

石組みの一部に土のうの様なものが

8月25日。まだ石組みは完全に修復されていない。

黒いビニール袋で覆われた土のうのようなものが、詰め物のように補充されている。

崩れ落ちた石が、その背後に見えた。

それをどのように組み上げるのか、まだ解明されていないのだろうと思った。

こうして水を抜いた水路は思ったより深い。石組みの下はコンクリートで固められていた。

梯子が掛けられていたが、石組みの上までのぼるには梯子を14段もあがらなくてはならない。

一段30センチとすると4メートルを超える高さだ。

後期は、9月末まで延伸になっていた

8月25日。

看板を見ると、工期は9月29日まで延伸されていた。

水路は通水されていた

9月9日。

せき止めていた水路は、元のように通水されていた。

石組みは、まだ完全ではなく、詰め物が入ったままになっていた。

背後には、崩れ落ちた石とみられる石が見える。白いテープ、もしくは塗料の様なものがついているのが分かる。

このままでは、9月29日までに修復が完成するのは難しいだろう。

浜離宮は、特別史跡と特別名勝を合わせて指定された、国内有数の文化遺産の一つだ。

こうして、修復作業の様子を見ていると

江戸時代、重機のない中で大規模な建造物を造り上げた先人の知恵と実行力に、まず感心する。

と同時に、その先人の知恵を正しく後世に伝える修復作業の大変さも、改めて感じる。

熊本地震で大きな被害を受けた熊本城と比べると、修復作業の規模は極めて小さいのに、これだけの期日がかかる。

熊本城の修復は、現時点では予想がつかず、今後数十年もかかるといわれている。

文化遺産の修復は大変だと、つくづく思った。
スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR