スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桜満開」と発表されたけれど

月島、西中橋のたもと

4月2日、気象庁は「東京の桜か満開になった」と発表した。

靖国神社にある標準木で、開花が発表されたのは3月21日。全国で最も早い開花だった。

それから12日、寒い日が続いて、ようやく「満開」と発表されたが、私の周辺にあるソメイヨシノを見ると満開には程遠い状態。

そこで、カメラをもって隅田川下流を走ってみた。

ここは中央区の月島。

月島川のたもとにある桜は、まだ3分咲き程度。画面奥にある水門の先は隅田川だ。

「月島の渡し」の碑がある公園

墨田川左岸の「月島の渡し」の碑がある公園の桜は満開に近かった。

柳の緑とのコントラストが美しい。

隅田川の岸の桜

隅田川左岸のテラスに出た。

左に見える聖路加病院の下は桜並木が続いているが、まだ花の色は見えない。

つくだ煮屋さんの横の桜

名物の「佃煮」を売る店の横に、劇作家の北条秀司の句碑が立っている。

「雪降れば 佃は古き 江戸の島」

碑の横で咲く桜は、緋寒桜の系統のようだ。

早咲きの品種だと思ったが、まだ3分程度の開花だ。

石川島では花見の宴も

佃の隣、石川島に入る。

石川島播磨重工、現在のIHIの発祥の地でもあり、また鬼平犯科帳の長谷川平蔵が、この島に「授産施設」を作ることを進言したことでも知られる。

開花はまだ2~3分程度だが、木の下では、花見の宴が開かれていた。

中央大橋から石川島の桜を見る

中央大橋を渡って、隅田川の右岸に向かう途中、同じ石川島の桜を撮ってみた。

隅田川には「上り下りのふなびと」たちが行き来しているのだが、「春のうらら」とはいかない景色が広がっていた。

今年は、靖国神社だけに、春が一足早くやってきたのだろう。

桜の見ごろは、もう少し先になりそうだ。
スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。