今年も桜は美しかった

増上寺の枝垂れ桜3/31

あっという間に人生70年・古希を迎えた。

これまで、全国各地で様々な美しい桜を見てきた。
年を重ねるにつけ、桜の美しさ、はかなさに惹かれ、いとおしさは増すばかり。

今年も、走りながら歩きながら、身近な桜の写真を撮り続けてきた。
その中から印象に残るものを紹介したい。

今年、東京の桜の開花は3月21日。全国で最も早い開花だった。

しかしその後、寒い日が続き、桜の咲き具合は遅々として進まなかった。

例年、私の地元で桜の開花が早いのは、この増上寺鐘楼の周りにある枝垂れ桜。
3月31日にようやく見ごろを迎えた。

深川・大横川4/6

深川・門前仲町の大横川の桜。

大横川は隅田川とつながる運河で、江戸時代から、水運に利用されてきた。

4月6日、両岸の桜は、ようやく見ごろを迎え、遊覧船はたくさんの人たちでにぎわっていた。

代々木第一体育館4/8

4月8日、丹下健三設計の代々木第一体育館の桜も見ごろを迎えていた。

昭和39年の東京オリンピックから今日まで、現役として活躍する体育館は、桜に劣らず美しい。
世界遺産を目指す運動も進んでいると聞く。

第三台場の大島桜4/9

これは私の好きな桜の一つ、第三台場の大島桜。

レインボーブリッジから撮影したものだ。

正面に、白いお団子のように見える。

フジテレビをバックに4/9

近くによって、フジテレビの本社をバックに撮ってみた。 撮影したのは4月9日。

増上寺・外国人の家族が4/9

同じ9日、台場からの帰り道、増上寺によってみると、外国人家族が桜の下で、こんなポーズをとって記念写真を撮っていた。

ダンサーのような切れのある動きが、おもしろい。

桜の時期に合わせて、年々外国からの観光客が増えてきていると実感する。

小松川千本桜4/13

4月13日。荒川下流の右岸、江戸川区の小松川千本桜を訪ねた。

青空をバックに絵のように美しかった。

隅田川・水神大橋付近4/13

同じ日、荒川を北上し、隅田川の上流に向かう。

水神大橋から白髭橋のほうを撮影した写真がこれ。

ここから隅田川を下って、江戸時代から桜の名所だった場所に向かった。


隅田川 流鏑馬の馬場4/13

隅田川の右岸から、スカイツリーを見上げる。

流鏑馬と書かれた「のぼり旗」が見える。

桜並木の続く道に、流鏑馬の馬場がつくられ、週末に行われると書かれていた。

桜の時期の名物にしようというのだろう。

お台場海浜公園・自由の女神4/14

4月14日。お台場海浜公園の自由の女神像。

外国人観光客の姿も多く、どことなく異国の雰囲気だ。

第三台場大島桜4/19

その足で、第三台場の大島桜を見に行くと、花は新緑に変わっていた。

第三台場の八重桜が満開4/19

第三台場では、代わって八重桜が咲き誇っていた。

こうして、今年も桜の季節が過ぎていった。
あっという間の1か月だった。

こうして日々は移り変わる。

また来年も桜を愛でることができますように。
スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR