マラソン大会真っ盛りの中で

危機期京都マラソンを走る山中伸弥さん

京都マラソンは次の日曜日に行われる。

大会事務局から私に送られてきた参加案内の中に、ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんも、このマラソンを走るとのチラシが入っていた。

多くの難病患者に希望を届けるための「IPS細胞研究基金」に、協力を呼びかけるためだという。

「非正規雇用が9割の研究所員の長期雇用等に役立てたい」と書かれている。

日々、忙しい毎日の中で、マラソンに向けて練習を積んでいるだろうことを想像すると、頭が下がる思いがする。

実は、山中教授のマラソンの持ちタイムはかなりのものだ。

去年10月の大阪マラソンでは、「3時間42分58秒で完走し、自己ベストを更新」したとの記事を読んだ。

54歳で、このタイムで走れるのはすごいし、マラソンを走って社会に募金を呼びかける取り組みも素晴らしいと思う。

山中さんと、同じ日に同じコースを走るのを楽しみにしていたが、ひざのケガが完治せず棄権することにした。
とても残念だ。

私としては、これで去年2月の姫路城マラソンに続いての棄権となってしまった。

次のマラソンシーズンは、今年の晩秋だが、それまでにはひざを直し、マラソンを走れるように鍛えたいものだ。

河津桜が満開

マラソンに参加するため、大会の直前までトレーニングをしてきた。

2月13日、レインボーブリッジを渡ってお台場まで往復した。

歩くのと同じほどのゆっくりしたペースでレインボーを渡り終えると、橋のたもとに植えられている河津桜が目に入った。

すでに満開になっていた。

海浜公園の春

今年も立春を過ぎてから、各地で真冬の寒さが続いている。

今月中旬にかけて、日本海側の各地で大雪となり、特に山陰では記録的な積雪を記録している。

しかしそうした中にあっても、春は着実に近づいてきているは、この写真を見ればよくわかる。

皇居東御苑・二の丸庭園

16日には、皇居東御苑に春を探しに訪れた。

二の丸庭園は、まだ冬の色合いだった。

宮内庁のまとめによれば、去年・2016年の東御苑の入園者は、過去最高の145万人余りに上る。

週5日開園だから、1日当たりの訪問者は約5、600人。

このうち外国人の割合は、4割にも上るという。

ここ二の丸庭園はは6月になると、花菖蒲が見事な花をつけ、たくさんの人で賑わうが、この日は人影はまばらだった。

梅林坂の梅

二の丸庭園の近くの梅林まで足を延ばした。

ここは私が、東御苑の中でも最も気に入っている場所の一つだ。
その名も「梅林坂」という。

今は五分程度の開花で、あと1週間もたてば満開になるだろう。
そうすれば、素晴らしい写真を撮ることができそうだ。

ここでも外国人の姿が目立ったが、日本の花木の美しさを理解し、楽しんでもらいたいなと思った。

メジロかな

梅の花の中に、小鳥の鳴き声が聞こえたので探してみた。

メジロが、ウメの花の中に首を突っ込んで蜜を吸っては、花を渡り歩いていた。

花びらを揺らし、チチチッと泣きながら次の花に移っていく。

「花より団子」に夢中のメジロ、
その姿を、また来週、見に来よう。





スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR