「2年前の現場写真」~問題の豊洲市場

レインボーから見た豊洲市場①

膝の具合が相変わらず万全ではなく、さらに雑用に追われて、全くと言っていいほど走る暇がない。

ブログも1か月更新しないと、先頭ページにCMが入ってしまう。

さて、どうやってブログ更新しようかと考えていたら、「豊洲移転問題」が大きな問題となり、連日テレビ・ラジオで大きく報道されている。

この日の来ることを予想していたわけではないが、お台場・豊洲は私のジョギングコースだったことから、建設中の現場の写真をたくさん撮っていることを思い出した。

今回は、そんな写真の中から、一部この問題にかかわる興味深い写真を見ていただこうと思う。

これは、ランニングでお台場に向かう途中、レインボーブリッジから、建設中の豊洲市場を撮ったもの。
撮影日時は2014年3月10日。

写真左側には東京港の竹芝桟橋などがあり、レインボーブリッジから見ると豊洲市場は、東京港の中に新しく造成されようとする新開地のようだ。

アップで見る豊洲市場

これは、同じ写真から、現場をトリミングしたもの。

問題の土壌改良のための工事が始まって間もなくの写真だ。

配置図

これは豊洲市場の建物の配置図。

この日、地図の左側に見える道路から、ゆりかもめの「市場前駅」の方向に走った。

次の写真は、地図で「水産物仲卸場棟」と書いてあるあたりを撮影したもの。

水産仲卸場予定地

鉄板で区切られた中を、かなり深く掘り込んでいるのがわかる。

画面上部には、東京タワー、そしてその右側に晴海にフェリーターミナルの建物が見える。

あの付近は、2020東京オリンピックの選手村が予定されているところだ。

工事の写真をもう一枚見てみよう。

地下空間を作っている?

鉄板で区切られた中は、かなり深い。

深さ 4~5メートルはありそうだった。

ニュースで見た地下空間は、こうして作ったのかなと思わせる。

もしそうだとすると、ここは盛り土をせずにコンクリートで固めたところになる。

今のところの焦点は、盛り土をしなかったことの影響はどうなのか、それに対する対応はどうあるべきなのかという点にある。

「食の安全」という命にかかわる問題だけに、早急に対応策をまとめ、処置しなければならない。

そしてもう一つ、同時に進めなくてはならないことがある。環状2号線への対策だ。

環状2号線延伸図

これは環状2号線の地図。

虎ノ門ヒルズから新橋駅の南を通り築地から有明へと通じる道で、東京オリンピックの際には、並行して走る晴海通りと共に中心的な役割が期待されている。

問題は、この道のために新たに架橋された「築地大橋」周辺の工事がどうなるかという点にある。

豊洲大橋

この写真は、「水産仲卸場棟」建設予定地から豊洲大橋を撮影したもの。

豊洲大橋は、建物配置図でもわかるように豊洲市場に入る直前の橋で、すでに完成している。

築地大橋

そして、こちらは築地大橋。

隅田川の一番下流に位置する橋で、この写真は隣の勝鬨橋の下から撮ったもの。

すでに橋の塗装工事なども終わっている。

ところがこの橋を渡るには、築地市場を通らなければならない。

新橋から築地市場の地下へ

この写真は、新橋から浜離宮の前を通って築地市場に向かう道路で撮ったたもの。

2014年3月11日の撮影だ。

前方に築地市場の青果門が見える。

道なりに行くと、この先、左手に朝日新聞本社屋、築地がんセンターの建物などが並んでいる。

実はこの写真は、この道路の下で行われていたトンネル工事を記録したもので、写真右手の築地市場の下を掘り進んでいるとの看板が出ていた。

築地大橋は、その先にかかっているのだ。

もう一度前の写真を見ていただきたい。

築地大橋を渡るには、築地市場下のトンネルを通り、橋の前で地上に出るための道路工事が必要になる。

その工事は築地市場の中で行わなくてはならない。

つまり、築地市場の移転が進まなければ、その工事も進まない。

問題が紛糾して長引くと、環状2号線の工事にもかかわってくる。

果たしてこうした問題に、東京都と関係者はどんな知恵を持って対応するのか。

情報を正しく伝えてこなかった行政のツケは、大きい。

スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR