放送博物館のプロンプタ―体験


格安スマホを手に入れたので、付属するカメラを使ってブログを書くことにトライしてみた。

横から見たプロンプター

港区愛宕山にある放送博物館。

去年、放送開始90年の節目を迎えたのを機にリニューアル、今年初めから展示が大幅に変わった。

館内は「放送の過去.現在.未来」をコンセプトに、豊富な展示物がぎっしり。

ここはNHK放送博物館の放送体験コーナー。

この写真は、ニュースでアナウンサーが使っているプロンプタ―と呼ばれる設備で、体験コーナーでは人気の展示だ。

正式には「テレプロンプター」と言って、オバマ大統領や安倍首相といった政治家の皆さんが使うプロンプターとは、少し仕組みが違う。

右側にカメラがあり、レンズがついているあたりに,「ワニが口を開けた」ようなものがついている。

実は、この部分を正面つまり、アナウンサーから見ると、
手元に置いた原稿が、眼前にそのまま映しだされる仕掛けになっている。

プロンプターをアナウンサーのほうから見る

これが、その写真。

写真の一番上のところが、そのワニが口を開けた部分。
そこに、手元に置いた原稿がそのまま映っている。

カメラの前に設置してあるのはマジックミラーで、カメラのほうからアナウンサーはよく見える。つまり、その姿をきれいに撮影することができる。

ところがアナウンサーから見ると、正面の部分は鏡となっている。

原稿をアナの頭上に設置したカメラで撮影、「ワニの下あごの部分」にそれを鏡文字の形で投影する。

鏡が鏡文字になった原稿を写すと、書いた原稿と全く同じものが目の前に出現するという仕掛け。

だから、下を見ることがなくニュースを読むことができるというわけだ。

情報を正確に伝えるために、プロンプターは今や必需品といえる。

公的な場所で、限られた時間に、正確で、しかも効果的なスピーチをするために、とても頼りになる設備だ。

最近では、あのトランプ氏も失言をおそれて使いはじめたという報道もあった。

ビジネスの世界でも、世界各地を結ぶテレビ電話会議でプロンプタ―を使う企業もあると聞く。

これから、暮らしの様々なシ―ンの中にプロンプターは、どんどん入り込んでくるに違いない。

東京工大の学長さんは、この春の入学式に英語で挨拶をしたときに使っていたし、

東京五輪招致の際にも

「お・も・て・な・し」や

都知事の英語のプレゼンの際も活躍していたことを思い出す。

若い人たちであれば、これからの人生で活用する人も出てくるだろう。

博物館ではプロンプターを使って伝える体験もできる。

時間とチャンスがあれば、是非トライしたらいかが。 

スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR