変わりゆくもの変わらぬもの

金沢シティモンドホテル

少し前の話になる。

今年の春先、久しぶりに金沢に行く機会があった。

兼六園近くにあった「金沢シティモンドホテル」の前を通ったとき、驚きの看板を目にした。

市内でも有数のホテルで、様々な会議のため度々、利用したことがあったのだが。

よく見ると高齢者の施設に代わっていた

介護付きの有料老人ホームに変わっていたのだった。

北陸新幹線の開業で観光客が増加しているとの記事を目にしていたから、その転身は衝撃的だった。

ホームページを見ると、老人ホームの開設は平成16年とあったので、すでに12年もたっている。

居室は、一般と介護付きを合わせて184室、定員は合計211人。

一部の部屋で空室があるが、毎日お客さんが変わるホテルよりは、稼働率は安定しているのかもしれない。

森八

そして、シティモンドの前に建っていたのは、金沢の老舗の和菓子屋さん「森八」の店舗。

ここでお茶を飲むために立ち寄った際に、シティモンドの転身に気がついたのだった。

「森八」は、創業が1625年、400年近くの歴史を有し、販売している落雁の一種の「長生殿」は日本三銘菓の一つと、ウィキペディアの中で紹介されている。

森八

私が金澤で暮らしていた平成7年当時、「森八」は多額の負債を抱え、深刻な経営危機を迎えていた。

その後、金沢を離れ、久しぶりに訪れた今回、森八がこの地で、これまでより立派な店舗を構えているのに出会った。

「森八」のホームページや他の記事を見ると、伝統の上に胡坐をかいてきた仕事の進め方を見直しするなどして再建を果たしたことが記されていた。

真田丸のタイトル文字のあの人だ

店内の壁面をデザインしたのは、左官の挾土秀平氏。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」のタイトル文字を、左官のこてで描いた人として知られる。

作品のタイトルは「花衣」。

”城下の町に風がそよぎ、花が舞う優美な情景を表している”との説明がついていた。

時代の移り変わりの中で、こちらはその歴史を絶やさず歩み続けている一例だ。

赤羽橋の水素ステーション

こちらは、東京タワーのすぐ下、国道1号線沿いの赤羽橋近くにできた「水素ステーション」。

「ガソリンではなく、水素を燃料に使う次世代の車」のための施設だ。

トヨタやホンダなどが量産車を市場に投入している。

以前、お台場に建設が進む水素ステーションを紹介したが、

ここは、以前私が給油をしていたガソリンスタンドのすぐ横。

水素ステーション

このとき、利用している車を見ることはできず、静かだった。

普及するかどうかの一つのカギは、水素ステーションなどのインフラの整備だという。

今後、水素ステーションが全国でどのように増えていくのか、そして利用率はどんなものなのか、観察しながらウオッチしてゆくことにしよう。

ハヤシライスの名前の由来

これからは日本橋界隈をウォーキングしているときに見かけた広告。

これは、日本橋の丸善本店のショーウインドに掲げられていた。

「ハヤシライス」という名前は、丸善の百年史の中に”創業者「早矢仕 有的(はやし・ゆうてき)」に由来する”と書いてある。

創業者ハヤシ ユウテキ

つまり、早矢仕 有的が、有り合わせの野菜や肉類をごった煮にして出したものが、今でいうハヤシライスの元なのだという説明だ。

しかし、ビーフシチューに近いものをしょっちゅう作っていないと、ハヤシにはならない。

江戸時代から明治初年にかけての頃といえば、牛肉を食する環境は今ほどない時代だったから、普段から家庭で頻繁に牛肉を食べていたとは考えにくい。

面白い広告ではあったが、私にはこの説明だけでは説得力が欠ける。

ウィキペディアを見ても、ハヤシライスの由来は諸説あると紹介されている。

皆さんはどうお考えだろうか。

そして、その隣に掲げられていた広告が、私にはそれ以上の関心を引いた。

技術者のいる時計店

それがこの広告。

「技術者のいる時計店」

私の子供の頃、どこの町にも、どこの商店街にも時計屋さんがあって、目に拡大鏡をつけたおじさんが調子の悪い時計を直してくれた。

今、町中から時計屋さんがどんどん消え、電池を交換するにも不便な時代になってしまった。

ゼンマイ時計から、電池式、そしてソーラー充電で電池交換が不要の時計の出現、

さらには、腕にはめる情報機器の登場で、時計をめぐる環境は激変した。

こうした中で、時計は直すものではなく交換するものになってしまった感がある。

しかしながら、そんな世の中になっても、時計を直してもらいたい人はいる。

愛着ある時計を修理してほしい、直してくれるところがないという切実な声が、この広告の背景に見えるようだ。


この5月5日、作曲家の冨田勲氏が亡くなった。

昭和38年(1963年・第18回東京オリンピックの前年)から放送が始まったNHKの「新日本紀行」のテーマ曲を作った方だ。

私が大好きなテーマ曲で、途中に入る木槌のような乾いた音が、日本の風土と文化を象徴するようで胸にしみいる。

(なお、昭和38年10月7日の第一回放送で取り上げた地は『金沢』で、ナレーターはスタジオ102も担当した井川良久アナだった)

2005年・放送80周年の年に、続編として「新日本紀行ふたたび」の放送が始まったが、

そのとき、あの名作の曲に、薩摩琵琶奏者の坂田美子さん作詞の歌を重ねたものがテーマ曲として使われた。

”いにしえ息づく 時の道で  変わりゆくもの 変わらぬもの

たどりめぐりて ふたたび出逢う  面影を この心に”

今回のテーマは、その一節からお借りした。

ユーチューブに、冨田勲さんが千葉県少年少女オーケストラの若い音楽家たちを指揮して演奏した「新日本紀行」のテーマがあったので紹介したい。
(坂田さんの歌は入っていないが)



スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR