皇居乾通りの一般公開

桜田門から入ると

去年から始まった皇居・乾通り(いぬいどおり)の一般公開に行ってきた。

今上天皇の傘寿を機に去年からスタート、
春の桜、秋の紅葉の頃に、一般に公開される。

「秋の一般公開」3日目の12月7日に、訪ねてみた。

桜田門から入り、入場口の坂下門に向かうと、早くもたくさんの人たちが列を作っていた。

ボディーチェック

入り口の前では、バッグの中身の確認とボディーチェックが行われる。

5年ほど前、中国の天安門前でこんなチェックを受けたことを思い出した。

皇居宮殿

坂下門から入るとすぐ左手に皇居宮殿が見えた。

勲章親授式や歌会始など主要儀式はここで行われるが、ここに入ることはできない。

地図

公開されるのは、坂下門から乾門までの間の約750m。

一方通行で、沿道にある59本の紅葉の樹木を愛でながら歩く。

イロハモミジ

「蓮池参集所」の近くにあるイロハモミジ。

局門

ここは、局門(つぼねもん)。

トウカエデ

左の大木は、トウカエデ。イチョウにとてもよく似ている。

漢字で書くと「唐楓」。中国原産で、江戸時代に渡来したという。

ネットで調べると「一般に、高木になる。紅葉が美しい」と説明されていた。

紅葉1

陽光を浴びて輝く紅葉。

紅葉2

苔むした木の幹との対照が 美しい。

乾門の近く

一方通行の出口にあたる「乾門(いぬいもん)」。

皇居の乾(北西)の方角にあることから、その名があるとのこと。

この日は、この門から退出し、北桔橋門(きたはねばしもん)に向かった。

「江戸城天守台」や「二の丸庭園」のある東御苑に入るためだ。

東御苑は、毎週月・金を除く毎日、無料で一般に開放されている。

北桔橋門(きたはねばしもん)から撮影

北桔橋門入り口から、今まで歩いてきた「乾通り」を見ると、たくさんの人たちの姿が確認できた。

これからは、東御苑の紅葉を訪ねようと、二の丸庭園に向かった。

二の丸庭園 松と紅葉

松の緑と紅葉のコントラスト。

池の鯉

池の中をのぞくと、こんな幻想的な写真が撮れた。

東御苑の紅葉1

燃えるような紅葉。

東御苑2

江戸城石垣の紅葉と松。

皇居東御苑は、いつ行っても美しい。

期待を裏切られたことは一度もない。

近くにおいでの節は、ぜひお出かけを。

日比谷通りのイチョウ

大手門を出て、東京駅方向へ歩く。

日比谷通りのイチョウ並木も、今が見ごろとなっていた。

信号を渡るときに写した写真が、

ビートルズ「アビーロード」のジャケット写真に雰囲気が似ているような。

どうでしょうか。













スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR