足慣らしは「紅葉探訪」


北の丸公園

マラソンを走ってから丸3日たった。

疲れも取れ、足の指先の痛みもなくなったので、久しぶりにジョギングに出かけた。

今回は、紅葉の時期を楽しみにしていた「皇居北の丸公園」をまず訪ねることにした。

北の丸公園の中には武道館が建っていて、ここは武道館と千鳥ヶ淵の間にある遊歩道。

先日ここを走った時に、緑のもみじを目にして、きっと紅葉の頃は美しいだろうと心待ちにしていた。

思った通り、様々な広葉樹が思い思いの秋の色に変わっていた。

画面の左、杭の上では、猫ちゃんが、ひとり物思いにたたずんでいた。

錦秋

この北の丸公園を含む皇居外苑は、環境省が管理する「国民公園」。

国民公園とは、旧皇室苑地が、戦後公共用財産として広く一般に開放されたもので、ほかには新宿御苑、京都御苑、千鳥ヶ淵戦没者墓苑がそれにあたるとのこと。

時折、公園内を走る人の姿を見かけるが人通りは少なく、都心とは思えない静けさに包まれている。

「もみじ」がとても美しかったが、日も暮れかかり、私のデジカメでは、きれいに撮ることができなかった。

靖国へ

北の丸公園を出て次に向かったのは、すぐ近くの靖国神社。

11月26日から、「千代田いちょうの夕べ」が開かれ、日没後にライトアップが行われているという。

大村益次郎の銅像を望む参道に着いたのは、午後4時51分。

高さ25メートルもある50本のイチョウは、夕闇の中にその姿を隠そうとしていた。

ライトアップ

5分後の午後4時56分。

イチョウの足元にある照明が点灯した。

見事なイチョウ並木の夜景が眼前に広がる。

映画のワンシーンのようだ。
近くの女学校の生徒たちが、世間話をしながら通り過ぎて行った。

北の丸公園から靖国神社にかけての一帯は、春は天下の桜の名所。

紅葉の頃も春に負けず劣らず素晴らしいということを、今回、初めて知った。


このライトアップは、12月9日まで(時間は、夜の8時まで)。

スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR