花のある風景~5月


小便小僧

JR浜松町の山手線外回りホーム。

小便小僧は、傘を持った「梅雨のスタイル」になっていた。

東京地方も、このところ、突然のにわか雨が降ったり、晴天が長続きせずに、梅雨間近を感じさせる天気が続いている。

マリーゴールド

像の手前に咲く花は、さすがに「アジサイ」というわけにはいかず、マリーゴールドが鮮やかな色の花を咲かせていた。

それにしても、この衣装の可愛らしいこと。

特に、この小さな傘はどうしたのだろう、
素人が作れるものではなさそうだし、一体、何処で見つけてきたのだろう。

毎月、衣装を考えるのは、楽しいと同時に大変なご苦労だと思う。

「ボランティアの皆さん、ご苦労様」と申し上げたい。

日比谷公園

日比谷公園。

5月なのに「オクトーバーフェスト」が開かれていた。

確かに5月になると気温も上がって、ビールがグン!とおいしくなる季節ではあるが
本来は秋(10月)のお祭りなのだから、5月に開くなら、5月に相応しい名前を付けて開催してほしいところ。

季節外れのタイトルは感心しない。

バラ園

日比谷公園の花は、季節通りの「バラ」の花盛り。

日比谷のバラ

大噴水がある第2花壇だけでなく、心字池近くの第1花壇も、様々なバラが咲き乱れている。

心字池

そして、心字池では、こんな風景も見ることができる。

シラサギに、黄色い花はアヤメだろうか。

アヤメ、カキツバタ、花ショウブは、違いがよくわからない。

祭りの軒先

5月の花のある風景といえば、祭りの軒先を飾るこんな風景も心が和む。

如何にも、下町の初夏の風景だ。

区立芝公園

東京タワー撮影ポイントの一つ・区立芝公園。

ボランティアの人が季節の花を丹精込めて育てている。

白のバラ

このバラの「白」の素晴らしさ。
すなわち、「自然の素晴らしさ」ということなのだろう。

これもバラ

このバラも負けていなかった。

ガンダム

お台場で新たにオープンした「ダイバーシティー」の前に立つガンダム。

特に、休日はたくさんの人たちで賑わう。

自由の炎

そのガンダムの近くに、ガンダムに負けない高さのモニュメントが建っている。

日本とフランスの友好を記念してフランスから送られた「自由の炎」だ。

その周辺に、可憐な花が咲き乱れていた。

ペチュニア

ペチュニアの「サクラサクラ」という品種と書いてある。

透明感のある、5月の空に映える花だった。

間もなく6月。

6月は、どんな花に出会えるか、楽しみにしよう。

スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR