アンテナショップを訪ねて

岩手

今回は、都心のJR東京駅、有楽町駅の周辺にある都道府県のアンテナショップを訪ねることにした。

初めは、銀座5丁目にある「いわて銀河プラザ」だ。

晴海通りを築地の方から銀座4丁目の方に向かうと、三原橋の手前左側にある。

岩手の特産

ショーウインドには、「端午の節句」を前に、南部鉄でできた兜が展示されていた。

そして、『岩手県の沿岸部に住む皆さんの商品には「三陸復興」と書いたシールが張られている』との「お知らせ」があった。

『「買って復興」「食べて復興」に協力をお願いします』ということだ。

群馬ちゃん

「いわて銀河プラザ」からしばらく行くと、昭和通りと交差して三原橋の交差点だ。

その角の一角、建設中の新歌舞伎座の前に「ぐんまちゃん家」がある。

人が並んでいたので近寄ってみた。

峠の釜めし

懐かしい「峠の釜めし」を売っていたのだった。

新幹線が長野まで伸びて、在来線である旧信越線の横川と軽井沢間が平成9年に廃止になったあと、横川駅の名物・峠の釜めしはどうなったのか知らずにいた。

ホームページで検索すると、モータリゼーションにうまく対応して手広くドライブイン等を経営し、商売はとても順調のようだ。

また、長野新幹線の社内でも、安中榛名と高崎間で販売しているとのことで、JR事情が大きく変化しても益子焼の窯に入った釜めしは現在も健在のようだ。

益子焼の窯に入った「峠の釜めし」が横川駅で売り出されたのは昭和33年のことになるそうだ。

巨人軍の長嶋がデビューした年でもあり、東京タワーが完成した年でもある。

もう半世紀以上にもなる。
大変なベストセラーといえるだろう。

ところで、
長年、北陸で暮らしたものから一言。

「長野新幹線」というのは正式名称ではなく、本来は「北陸新幹線」であることをぜひ知っておいていただきたい。

長野から北上して日本海に進み、そこから富山、金沢へと進むルートなのだが、その途中の長野までの区間が開業したため、とりあえず現在は「長野新幹線」と呼んでいるのだ。

将来北陸への工事が終わり、開通すると、その名前は本来の「北陸新幹線」になるはずだ。

北海道フーディスト

次に向かったのは、JR東京駅の周辺。

東京駅の八重洲口の前には「北海道フーディスト」という店がある。
ここは、北海道電力が出資している店で、道内各地にある食品が売られている。

看板にある「白樺」のジンギスカンの情報は、私にとってうれしい情報だった。

「白樺」は帯広郊外にある店で、北海道に暮らしていても店に行くのはなかなか大変だったのだが、東京駅なら走って行ってもいい距離だ。

甘いたれにつけて焼く肉は柔らかく、若い人なら2人前位はすぐ平らげてしまう。

楽しみにしよう。

山形

こちらは、銀座1丁目にある山形県のアンテナショップ。

ここに移転する前は官公庁や大企業が集中する虎ノ門にあった。
従って土・日は人通りが全くなく、ショップはお休みだった。

店内で出していたおいしい「山形そば」を食べたくても、平日しか食べられないので不自由だった。

ところが、銀座はいつも人通りが絶えないので、土日も開店している。(レストランは月曜休みのようだ)

やはり、立地場所は大事だ。

この日も多くの人でにぎわっていた。

店頭に山菜が

店頭に、おいしそうな山菜が並んでいた。

「行者にんにく」「うるい」「山ウド」「アイコ」「タラの芽」など。

こうして新鮮な食材が並ぶと、季節が感じられて楽しい。
山形での山菜取りを思い出した。

山形は山菜もおいしいが、野菜もおいしい。

だだちゃ豆、民田なす、等々。
それぞれの季節が待ち遠しい。

香川県

次に向かったのは、JR有楽町駅前にある「交通会館」。

ここは、アンテナショップが集中している。
北海道、秋田、滋賀、富山、和歌山、兵庫、長野、徳島、香川、などが店を開いている。

香川の店では、こんなポスターを見かけた。

『県の名前を「うどん県」に』というPRが大きな反響をよんだが、ポスターもうどんだった。

「うどん県」の副知事という香川出身の俳優・要潤が、「うどん県」と書いても郵便物を配達するようにと、郵便事業会社に申し入れたことがあった。

「7ケタの郵便番号をしっかり書けば、香川県をうどん県と書いても、ちゃんと配達されます」と、郵便事業会社が答えていたことを思い出した。

鹿児島県

有楽町1丁目、日比谷シャンテの近くにある「鹿児島」のアンテナショップは、焼酎を前面に出していた。

100種以上の焼酎を取り揃えてあると書いてあるから、ファンにとってはうれしい情報だろう。

石川県

近くには「石川県」のショップがある。
「江戸本店」とあるのが、面白い。

いかにも加賀100万石の県らしい。

店内には、ナマコの卵巣から作った珍味の「くちこ」がおいてあった。

ショップ一覧

各県の特産品が並んだアンテナショップを訪ねるのは楽しい。

この日走った距離は、知らないうちに約20キロにもなっていた。


都内にあるアンテナショップをまとめたパンフレットがあったので、その一覧をコピーしてみた。

詳しい情報については、「宝の山」というサイトに詳しく載っているので、どうぞご参考に。


スポンサーサイト
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR